敏感肌なら特に洗顔には気を付けよう|正しい洗顔法

レディ
ウーマン

肌のバリア機能を回復する

敏感肌は肌のバリア機能が低下している状態で、セラミドが不足しています。大事な点は洗顔の方法よりも、セラミドを補いながら、肌のバリア機能を自然に回復させることです。そのため、洗顔料の成分などをチェックする必要があります。

女性

敏感な肌の人

敏感肌の人は洗顔こそ商品選びを気を付けたほうがいいと言えます。フォームタイプではなく優しくあらい上げれる石鹸タイプがおすすめです。石鹸タイプの中でもココナッツオイルを配合していたり、天然由来の保湿成分を配合しているものは特に優しい洗い上がりなのでおすすめです。

敏感肌のための洗顔料

ソープ

固形石鹸がオススメ

ちゃんと肌のお手入れをしているのにすぐに肌が荒れてしまったり、赤くなるなどのトラブルを抱えている敏感肌の方は洗顔方法を見直してみましょう。肌のためにしっかり汚れを落としているつもりでも、敏感肌に合っていない洗顔料や洗い方をしてしまうと肌に負担をかけてしまいます。敏感肌のために作られた様々な洗顔料がありますが、その中でも固形石鹸タイプのものはオススメです。泡タイプやクリームタイプの洗顔料とは異なり、固形石鹸は肌に負担になる添加物や防腐剤を必要としないので、肌をいたわりながら汚れを落とすことができます。もちろん全ての固形石鹸が敏感肌のために作られているわけではないので、成分表示はきちんとチェックしておかなければなりません。石油系合成界面活性剤を使用していないか、植物性100%の洗浄成分を使用しているか、無香料、無着色であるかなどがチェックポイントです。しかし、いくら成分が良くても洗い方が間違っていては良い効果を得ることはできません。固形石けんは、クリームタイプなどにくらべて泡立ちにくい傾向にあります。しっかりと泡だてておかないと肌を摩擦で傷つける可能性もあり、洗顔料の濃度が高くなってしまうため肌へ刺激を与えてしまいます。ホイップクリームのようなモコモコのキメ細かい泡で優しく肌を包み込むように洗うのがコツです。泡立てネットなどを使って正しい洗い方をして、長年悩まされていた肌トラブルを改善していきましょう。